お知らせ 友だち追加

ぴーす整体整骨院トップページ > マッサージ

足の歪みo脚?x脚? どうしたら改善するの?

2020.02.07

こんにちは!

ぴーす整体整骨院です!

今回は膝のo脚x脚についてお話しします!

X脚を治して、脚長、小尻になる

ひざが内向きにくっつくX脚、よくある悩みのタネですが

「脚のゆがみは変わらない」と諦めていませんか?

実は脚のゆがみは、日々の体の使い方の癖や、骨盤の傾きの影響で作られます。

だから、自分の癖とは逆の方向に筋肉を鍛えることで、きれいな脚に整えることができるんです。

X脚の「出っ尻」というお尻の悩みまで同時に解決できます。
おしゃれなファッションに身を包んでも、脚のラインが今ひとつだと、ちょっと残念な気がします。

X脚が気になるけれど「ずっとこんな脚だったし、もう治らない」と諦めていませんか?

ほかの体の部位と同様に、脚のゆがみにも必ず原因があると思います!

だから、その原因を正す方向に筋肉を鍛えたり緩めたりすることで、X脚も変えていける、ということを今回はお話ししたいと思います。

X脚と一般的にはいいますが、内向きになる外反膝と呼びます。

両ひざが外反膝だとX脚というわけです。

なかには、X脚だけど脚を開き気味に立っている人も。

ゆがみを正しく矯正するには、本当の脚の状態を確認する必要があります。

シンプルなチェック方法があるので、やってみましょう。

両足のかかとを拳分くらい開けて、右足の人さし指と左足の人さし指をそれぞれ15度ずつ開きます。背すじを伸ばし、正面を向いたまま、ゆっくりとひざを曲げる。

ひざが正面を向いたままならゆがみはありません。

X脚の人はひざを曲げると自然とひざが内側に向きます。

はっきりわからない場合は、ひざとひざの間が開く方向、閉じる方向、どちらが曲げやすいかを確かめて判断しましょう。

次に、片脚立ちでもチェック。

片脚立ちしたときに、立っている脚のひざが外側、あるいは内側にはっきり動くときは要注意。

膝関節がつぶれ始めている可能性があります。

膝関節は、ひざ上の大腿骨と、ひざ下の下腿(脛骨とそのすぐ外側の細い腓骨)によって上下を挟まれた状態になっています。

X脚の場合、膝関節には「内へ、内へ」とずれようとするため、膝関節の外側がつぶれて痛みやすい状態です。

私はX脚? ひざの向きをチェック

ひざを曲げたとき、両ひざが内側に向くなら「X脚」。

片脚立ちしたときに、支えとなる脚のひざが外側、内側にスライドするなら、脚のゆがみによって膝関節(しつかんせつ)に障害が生じやすい状態といえる。

いずれの場合も、ひざが真っすぐ正面を向く場合は、脚のゆがみはない。

鏡に映したり、人に見てもらうとわかりやすい。

X脚は、今は見た目だけの問題でも、放っておくと中年期以降、つらいひざの痛みの原因になることも覚えておきましょう。

お年寄りで、歩くたびにガクッガクッとひざが外側や内側に動く人がいます。

ひざの軟骨がすり減り、骨同士が当たって痛みも強い場合もあります。

膝関節の軸がずれているから、曲げると痛くて正座もできません。

若いころには筋力でひざを支えていたものの、年を取って筋力が低下したり、体重が増加すると、重みに耐えきれずに膝関節が変形するのです。

体重が1kg増えるとひざにかかる荷重は3kg増えます。

X脚は、ひざ関節に内へ、内へとずれようとする力が加わる。

どうしてこんなことが起こるのでしょう。

原因をたどると、骨盤に行き着きます。

まず、これまでに何回か取り上げてきた「反り腰」の骨盤前傾タイプの人。

壁に背中とお尻をくっつけて立ったときに腰の隙間に手がすぽっと入るタイプは骨盤が前に傾きやすく、前傾した骨盤についた大腿骨が内側にねじれるので、X脚になりやすいのです。

○骨盤のゆがみを正し、ひざのずれを調整していく○
脚のゆがみを正すには、ゆがみの出発点である骨盤の前後の傾きからアプローチすることが大切。

加えて、ひざ関節にかかっている「内ずれ(X脚)」という力を正す方向で動かすことも重要。

このポイントを理解したうえで、対処法へと進みましょう。

X脚の人は、恐らく大の苦手であるあぐらの姿勢で行うストレッチングから始めましょう。

こちらも骨盤をしっかり立て、内側に入り込みがちな脛骨を外側方向に手で押して、癖付けをしていきます。

骨盤を立てて行うことで、X脚の人のなまけた腹筋を鍛える効果も。

外旋方向にじわじわーっと脚全体を伸ばしていくので、内向きにゆがんだ脚がより正されやすくなるんです。
続いて、エクササイズ。 ちょっときついけれど頑張りましょう。

内向きのゆがみに対して、股関節の外旋力をアップするように、大殿筋を鍛えます。

最初に腹筋に力を入れておへそを軽く浮かせた状態で行うことで、大殿筋が熱くなってくるほど、ピンポイントで刺激することができます。

おへそを浮かせることができない人は、薄めの枕かタオルをおへその下に置きます。

このエクササイズで、X脚の特徴である、どーんと後ろに突き出たお尻もキュッと小さくなります。

【今回のポイント】
脚にかかっている力とは逆方向の筋肉を鍛えましょう!
X脚も、凝った筋肉群を緩めてから、骨盤や膝関節を支える筋肉を鍛えるのがポイント。
続けることで脚のラインが正され、お尻もきゅっと引き締まってくる。

(参照:ヘルスUP健康づくり ゆがみリセット学(6) O脚、X脚を治して、脚長、小尻になる

鍼灸治療の効果

2020.01.18

こんにちは!
ぴーす整体整骨院です!

鍼灸治療をしていると、上半身に症状があるのになぜ足へ鍼をするの?お腹??
なぜ?
と思われている方が多いかと思います。

〇腰骨周辺に鍼をしてもらうと、横隔膜のあたりのつまりが「ポコッ」と抜けた。
〇腕が痛いのに「お腹」へ鍼したら痛みも動きも変わった・・・。
〇肺に刺してないのに息がしやすい・・・。
経絡・経穴は目に見えず、信じがたい方も沢山いらっしゃいます。
今回は、経絡経穴を⇒⇒筋肉内臓に置き換えて少し書いてみます。

=====
例えば、、内臓と頭痛、関連が薄そうですが両者は密接に関連しています。
内臓は*不随意筋に分類されますが立派な筋肉です。
(不随意筋)とは自分の意志によって動かす事のできない筋肉。
主に自律神経の支配を受ける。内臓や血管の壁の筋肉・心筋など。

筋肉は単独で活動しないで、筋連鎖し離れた筋肉と連動して働きます。
内臓も筋肉なので、何らかのトラブルで内臓が固まることによって筋肉も硬くなります。

〇胃の調子が悪いとき、みぞおちが突っ張る感じがあると思います。
みぞおちの部分が突っ張るのは腹直筋が固まっていているという事です。

腹直筋が固まると連結する大胸筋・胸骨筋も固まり、さらに連結する広頚筋や胸鎖乳突筋が固まります。
食べ過ぎで胃に負担をかけるとで肩こりも発生します。

また、身体前面の筋が動きにくくなり
息が吸いずらくなったり、猫背の様な前傾姿勢となり背中に張り・ツッパリを覚えます。

頸の胸鎖乳突筋の緊張は頭を覆う後頭前頭筋を緊張させ頭を締め付けるように働きます。

頭が痛くなる原因の一つがここにあります。
意識しないところで、筋連鎖は全身に回っていき、
内臓の緊張は頭痛だけでなく、肩こりや首こり、腰痛などの引き金となります。
*痛い箇所がどんどん増えていく理由のひとつです。

(筋連鎖)とは運動パターンを通じて共に作用し、互いに影響を及ぼす筋の集合体のことを指す。

この機序は逆の働きもみせます。

猛暑や極寒に限らず過度の筋肉の疲労・緊張が筋連鎖を介し、
内臓まで固め呼吸・消化活動を停滞させてしまうことがあるということです。

筋肉と内臓は別物とお思いの方も多いと思いますが、切っても切れない繋がりを有しています。

特に症状として現れやすいのが小腸、大腸(便秘)ではないかと思います。
排泄は、身体の内側の状態を知る事もできますし、デドックスの役割を担っています。
不調に便秘はつきものです。

鍼灸治療の表現としては、経絡経穴を通じて体内の奥にある内臓の疲れ(固まり)を取り
とにかくよく眠れる身体を作る事。
加えて無駄な熱症状や潤い不足の解消をすることで排泄を順調にし体内のデドックスを
行なうことができる治療法だということです。

 

o脚の方必見![どうしてo脚になるのか?]

2020.01.12

どうもこんにちは!

ぴーす整体整骨院です!

今回はo脚についてお話しします!
O脚で悩む日本人の女性は多いと思います。

欧米人と比べると生活様式や歩き方、骨格などやはりO脚になりやすく目立つ人が多いのです。
O脚は様々な症状を引き起こしますが、足の疲れを引き起こす原因にもなっているのです。
案外、O脚と脚の疲れとの関係を知らない方が多いかもしれません。
O脚の人は、足が疲れやすくなります。
また足だけでなく、全身も疲れやすくなります。
酷くなると、立っているのも辛くなり、一種の虚弱体質のような感じにすらなっていきます。

O脚と疲労体質とは関係があります。
ではなぜO脚の人は疲れやすいのでしょうか。

それは、O脚になると、重心が左右に振れてバラバラになってしまうからです。足の重心を正しく使えていないため、ムダな力が脚にかかるようになります。ですので疲れない体質の人であっても、O脚になるとすぐに脚が疲れるようになり、疲労体質のようになってしまいます。

美しい歩き方=疲れない歩き方です

O脚と脚の疲れをもう少し説明しますと、正常な脚の方の場合、脚の大腿骨から膝関節、脛骨(けいこつ)、足関節に向かって、まっすぐに重心が通ります。

脚の骨に対して自然に重心が加わる姿勢となっていますので、脚にかかる力を骨全体で受けることができます。ですので脚には余分な力が加わらず、少しの力で脚を支えることができます。

しかしO脚の方は重心が足の外側になります。つまり大腿骨・膝関節・脛骨・足の外側に力がかかるようになります。この結果、足の外側の筋肉に大きく負担がかかります。反対に足の内側の筋肉にあまり力がかからなくなります。

そして頭部が左右に振れることになります。重い頭が振り子のように左右に振れてしまうと首の付け根に当たる肩周辺に無駄に力が入るようになってしまうのです。結果的に肩もこるし首も凝ります。

そのためO脚の方は、脚の外側の筋肉が発達し、内側の内転筋が細くなります。O脚の人の脚は、外側に膨らんだシルエットとなるのが特徴でもあります。

つまり大腿四頭筋のうち、大腿直筋や外側広筋は発達しているのですが、内転筋が未発達となり、アンバランスな筋肉の構成となっています。また脛骨の下腿三頭筋も外側にふくらんだ形になります。

内転筋が萎縮し短縮していくと大腿骨から脛骨を引っ張り骨自体も変形させてしまいます。

O脚の方は、大腿四頭筋の大腿直筋や外側広筋や下腿三頭筋に重心が通るようになるため、負担がかかるようになり、そのため脚の疲れが起きやすくなります。またこれらの部位が硬く緊張してパンパンとなった状態も起きやすくなります。

脚の骨格に正常な重心が通らないことにより、筋肉もアンバランスとなって、これが相互に関連しあって、ますますバランスの悪い身体構造となって、疲れやすい脚となっていきます。

早い段階での骨盤調整と足の筋肉の調整と関節の調整、そして正しい筋肉トレーニングと使い方の指導が必要です!

風邪をひいて筋肉痛になっている方必見!

2020.01.04

こんにちは

ぴーす整体整骨院です。

今回は風邪をひいて筋肉痛なっている方オススメ

 

正月もそろそろ終盤になってきましたね。

いつもと違う生活で身体が弱って風邪をひいてないですか?

鼻をズルズルしながら喉がいがらっぽくて痰などが喉の絡んでいる人多く見られます。

風邪などをひいてしまうといろんな症状出ます。その中では咳や鼻水、発熱などありますが、筋肉痛もあります。

まぁ筋肉痛は発熱の症状の「おまけ」みたいねものですからね。そこで勘違いしやすいのが風邪をひいてから体が痛くなった場合と体が痛くなったから腰が痛くなって、その後に風邪をひいいたと自覚をするのか?の違いなのです。

誰しもある程度風邪の症状が出て初めて「風邪ひいてしまった」と自覚するものです。それから「あ、そう言えば一昨日の夜に体が冷えたのが原因かも?」とか思うでしょう。

なので、風邪のひきはじめはその時は解りません。そういったことから「なんとなく身体がだるいし疲れたからマッサージにでも行こうかな」と思う人も多いと思います。

そしてマッサージなどの施術を受けたあとに風邪などの症状や筋肉痛の症状が悪化してしまい「あそこの店でマッサージしたら身体が痛くなったのよ!揉み返しが出ちゃったのよ!」とか「グイグイ押されたから身体が痛くなって風邪もひいた」とか言われてしまうことも実際にあります。

おそらく風邪にかかり始めたときはだるさや倦怠感があるのでほぐせば治るだろうと思ってマッサージを受けに来られたと思いますが、身体の症状を診て「これは風邪ひいてるな」と思ったら「あの、風邪ひいていると思いますが、このままマッサージするとおそらく余計に身体が痛くなるかもしれません」と言ったほうが良い場合もあります。

マッサージは血行を良くする事が目的であり、身体を揉みほぐすとある程度は疲労します。なので、病気の症状は悪化してしまうのです。

 

マッスルマスターへの道「番外編」

2019.12.09

こんにちわ。

ぴーす整体整骨院です。

今回は番外編という事で関節の動きについて書いていこうと思います。

今回は肘関節の動きについてとどうして痛めやすいのかを見ていきましょう。。

肘には三つの骨で構成されています

1上腕骨

2橈骨

3尺骨

の骨で構成されている関節で「複合関節」とも呼ばれています

動きの中に4つの働きがあります。

1伸展

肘を伸ばす働き

2屈曲

肘を曲げる動き

3回内

肘を伸ばしたまま親指を内側に回す事で

前腕の「回内」という働き

4回外

肘を伸ばしたまま親指を外側に回す事で

前腕の「回外」という働き

これらの動きに肘は関与してます。

肘関節の運動域は0°~145°であると言われています。

ですがこの数字に対して小さい子や女の子はさらに10°多いともいあわれています。

肘を伸ばした際にこれ以上行かないの「制限因子」は肘頭と肘頭窩の骨性制限や側副靭帯の緊張、屈曲群の抵抗です。

逆に曲げた時は

屈筋群の軟部組織が集まることによっての量的増加と言われています。

前腕の回外、回内

肘関節90°曲げてでの回内、回外はそれぞれ90°動きます。

肘を伸ばした状態で回内、回外をすると肩関節の働きも加わり、上肢全体としては約360°の可動域があります。

肘だけでもこれだけの動きに関与してきます。

肘の痛みの原因は関節炎が多く股関節や膝関節みたいに体重は乗らないが、野球やテニスみたいに肘をよく使うスポーツは関節の動きが複雑になり関節同士がぶつかったり、こすれて摩擦がかかり炎症が起きやすくなります。

そのまま放置や使い過ぎで変形性肘関節症となり肘が痛みやすくなってしまいますのであまり使い過ぎにはご注意ください。

東洋医学について

2019.09.30

台風の時期になってきましたね。

ぴーす整体整骨院では大雨の日はタオルやお着替えをご用意していますので気軽にお声がけください。

さて、台風の時期に多い相談が「気圧の変化による頭痛などの症状」

この相談が本当に多いです><

気圧と神経の作用についての説明は以前させて頂きましたが

それ以外でも多いのが

 

「だるい」「しんどい」「身体がむくむ」

 

などのお話をよく耳にします。

 

これらの症状は一般的であり、原因も定かではないことが多いですが、大きな理由として

 

「気血の乱れ」

 

が考えられます。

 

気血とは東洋医学で古来より信奉されてきた概念であり目に見えにくいものですが自然のエネルギーなどに近い考え方です。

 

身体を車にたとえるとガソリンやエンジンオイルみたいなものと考えてもらえると分かりやすいかと思います。

 

この循環の機能が低下すると身体の働きが弱くなってしまうという事です。

 

これらの気血を整える事が重要になってきます(度々クルマで例えますが車検修理みたいな事)が必要になってきます。

 

東洋医学で言うところのこれらに必要なものが

 

鍼治療であり灸治療

 

そして吸い玉療法などもこれらにあたります。

 

当院では患者様の状態を確認させていただき、姿勢の状態、体調の確認をさせて貰った上で鍼灸治療を勧める事があります。

 

気圧の変化での体調不良に是非一度鍼灸治療をしてみられてはいかがでしょうか?

 

 

Google検索で

神戸市 西区 整骨院

上記クリックいただきますとお問い合わせや予約、ご来院までの道のりが簡単にチェックできて便利です。

ぴーす整体整骨院による筋肉マスターへの道⑧

2019.04.29

こんにちは!

ぴーす整体整骨院です!

今回は太ももの内側に付いている筋肉を紹介していこうと思います!

 

太ももの内側にある筋肉通称 内転筋群と呼ばれ、大腿部の内側の動きに対して様々な筋肉が働いています。

種類としましては、

大内転筋、長内転筋、短内転筋、薄筋、恥骨筋になります。

ではまず、大内転筋からご紹介していきます。

大内転筋

その名の通り太ももの内側にある大きな筋肉が特徴で大腿四頭筋と同じぐらいの太さで力も強いです。

起始は骨盤の坐骨と恥骨から始まり大腿骨に着く筋肉になります。

作用としまして。

大腿部の内転や 伸展、内旋などに関与します。

この筋肉が弱ければ年を重ねていくとO脚になりやすいとも言われています。

次に

長内転筋、短内転筋

この筋肉達はほぼ同じ走行をします。

起始は恥骨下枝から走り大腿骨粗線内側唇に停止をし、

股関節の内転の働きと 軽く屈曲、内旋の動作もしてきます。

続きまして恥骨筋

恥骨筋は

内転筋群の中で小さい筋肉になりますが骨盤の働きで大きな役割があります。

それは恥骨があるとないとで骨盤の安定性が大きく変化するからです。

恥骨筋は

恥骨櫛から始まり大腿骨上部にある恥骨筋線で付着します。

働きは 股関節の内転と 屈曲に作用します。

 

 

 

 

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0789903225

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒651-2242
兵庫県神戸市西区井吹台東町1丁目 市営地下鉄西神南駅コンコース内
診療時間
月・火・水・金・日
9:00~12:00, 14:00~19:00
土 9:00~14:00
(祝日は通常営業)
定休日
アクセス
市営地下鉄「西神南」駅 改札出て右手スグ 徒歩10秒

0789903225

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

ぴーす公式LINE
友だち追加
/LINE@限定割引も定期配信中\

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
腰の痛み
肩・首の痛み
鍼灸治療
リンパマッサージ
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
筋肉と関節の専門家ブログ
WEB限定メニュー
院内設備
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー
系列院のご案内

/滝の茶屋商店街にあります\


/長田商店街内にあります\


/月見山駅スグ!\


/六甲本通商店街内にあります!\


/志染駅からスグ!\


/名谷駅の近く\


/深江の住宅街にあります\


/大津和下車で20秒!\


/玉津インター コーナン向かい\


/明石、西新町駅近く!\

ぴーす整体整骨院

LINEでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒651-2242
    兵庫県神戸市西区井吹台東町1丁目 市営地下鉄西神南駅コンコース内

  • 診療時間

    月・火・水・金・日 9:00~12:00, 14:00~19:00
    土 9:00~14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

  • アクセス

    市営地下鉄「西神南」駅 改札出て右手スグ 徒歩10秒

エキテン口コミランキング1位
pagetop